頬にできるニキビ

Uゾーンは、お顔の中でも皮脂の分泌が少ない場所です。ですので、考えられる肌トラブルには乾燥が元となるものが多いはずであるにも関わらず、なぜかそんなUゾーンにニキビが出来てしまうケースは珍しくありません。

そもそもニキビの原因は、毛穴に皮脂や汚れが詰まる事で引き起こされます。皮脂分泌も少なく乾燥しがちな場所なのに、なぜニキビが発生してしまうのでしょうか?

頬に出来たニキビでイメージしやすいのが、思春期の男の子のニキビなのではないでしょうか?頬に出来るニキビは男性ホルモンと関係したニキビであると言われていますので、男の子に出来る、という事はイメージ通りですね。しかし、多くの女性が悩む大人ニキビも、頬に出来やすいニキビのひとつなのです。

私たち女性の身体にも、わずかですが男性ホルモンが存在しています。普段は女性ホルモンの働きの陰に隠れ、さほど影響を及ぼさない男性ホルモンですが、過剰なストレスやライフスタイルの悪化などによって分泌量が増加すると皮脂の盛んな分泌を促し、肌をニキビの出来やすい状態に変えてしまうのです。

普段の食事メニューを思い出してみて下さい。栄養バランスのとれた健康的な内容になっているでしょうか?また、睡眠時間は十分ですか?生活習慣を見直し、健やかなライフスタイルを身につけるようにしてみましょう。

男性ホルモンの働きで発生するニキビの特徴に、左右の頬に同じ様にできる、という物があります。もしも片方の頬にしかニキビが発生していない場合、ホルモンバランス以外の原因を考えてみて下さい。

片方の頬だけに発生するニキビの原因で多いのが、寝具の汚れであると言われています。ニキビので来ている頬を下にして寝てはいませんか?もしかすると、枕カバーが汚れているのかもしれませんね。

頬のニキビは目につきやすく、気にして手で触れてしまいがちです。手から細菌が付着し、ニキビの悪化を進めてしまう可能性もありますので、ニキビへの刺激は避け、清潔な状態を保つようケアを行って下さい。

このページの先頭へ