鼻にできるニキビ

ニキビの原因は皮脂ですが、その皮脂分泌が最も盛んな箇所といえば、どこをイメージするでしょうか? 多くの方が、小鼻や鼻筋など「鼻」を思い浮かべるのではないかと思います。

鼻のテカリに悩み方も多いでしょう。だれもがイメージする通りに、鼻はお顔の中で最も皮脂の分泌が盛んに行われている箇所なのです。そんな鼻ですので、一見、ニキビの出来やすい箇所として挙げられやすいかと思います。

額と鼻筋を結ぶTゾーンという言葉がある様に、皮脂分泌の盛んな場所はニキビをはじめとする肌トラブルが発生しやすいと考えられてしまうのです。

ところが、実際に鼻にニキビが出来た事がどれほどあるでしょう。確かに全く無い事はないでしょうが、鼻よりも額や頬など、別の箇所に出来た経験の方が多いのではないでしょうか?

意外に思われるかもしれませんが、鼻は、皮脂分泌が最も盛んであるにも関わらず、比較的ニキビので来にくい箇所であると言われているのです。なぜ、鼻にはニキビが出来にくいのでしょう?

それは、鼻の毛穴の大きさに答えがあります。鼻の毛穴は大きく、そもそも毛穴が詰まる事が起こりにくいと言われているのです。確かに、毛穴の開きや黒ずみの方が気になる場所ですよね。それでも鼻にニキビが出来てしまった場合、それは過剰な皮脂分泌が主な原因だとは言えそうにありません。

鼻ニキビは、外部からの刺激によって引き起こされているケースが多いのです。鼻を触るクセのある方、また日頃鼻炎で鼻をかむ事が多い方など、お肌への刺激が多いと、最近が付着する事を招いたり、また毛穴詰まりを促したりしてしまいます。

「鼻のお肌がテカテカしているから、ニキビが出来る。仕方の無い事だ。」と諦めてはいないでしょうか?もしかすると、自身のクセや習慣がニキビを引き起こしているのかも知れません。

洗顔や保湿など、基本的なケアでも鼻ニキビが改善しないのであれば、もう一度自分のクセや習慣を見直しましょう。思い当たる節のある方は、ぜひ鼻のお肌を刺激しない生活を心がけてみて下さい。

このページの先頭へ