ニキビを発生・悪化させるアクネ菌

ニキビの原因菌として知られるアクネ菌は、「ニキビを作る悪者!」といったイメージが強く、とかく嫌われ者です。しかし本来はお肌のバランスを保つ役割を担った大切な常在菌でもある事をご存知でしょうか?ニキビの出来やすい肌質の人にだけ存在しているわけではないのです。

私たちのお肌を酸性に保つよう働きかけたり、アクネ菌以外の菌の増殖を防いだり・・・。アクネ菌は、私たちのお肌が健やかな状態でいるために不可欠な存在なのです。ここでは、アクネ菌についてお話します。

私たちのお肌の常在菌であるアクネ菌のすみかは毛穴の中です。酸素を嫌う性質を持っているため、肌表面ではなく毛穴の中に潜んでいるのです。この性質が、ニキビとアクネ菌の関係をより密接にしてしまっているのです。

また、同時に皮脂を好むという性質を持っています。毛穴の中に詰まった皮脂をエサに、アクネ菌は活動・増殖をして行くのです。

酸素を嫌い、皮脂を好む・・・。まさに、ニキビの出来た毛穴はアクネ菌の格好のすみかです。毛穴の中に詰まってしまった皮脂を食べたアクネ菌は、その皮脂を分解し脂肪酸を作ります。アクネ菌が作り出すこの脂肪酸が、赤ニキビの赤色を作っていると言われているのです。

赤ニキビにまで進行を進めてしまったニキビは、時に痒みや痛みを伴います。早急な治療が必要で、これ以上悪化してしまうとニキビの完治が難しくなるのです。アクネ菌による炎症を放置し、ニキビの進行が進めば、ニキビは悪化し化膿します。周辺の肌組織を壊してしまい、ニキビ跡として残ってしまう可能性も高くなるでしょう。

このように、アクネ菌はニキビの発生・悪化に密接に関わっています。全てのアクネ菌を除去する必要はありませんが、増殖を防ぐためにも、いつも清潔な状態を保つ事は重要なニキビケアであるといえるでしょう。

清潔な状態を保には、やはり洗顔が重要です。お肌を労った正しい洗顔を習慣付け、ニキビの発生や悪化を防いで下さい。

このページの先頭へ